篠塚研究所は我が国におけるリスクエンジニアリング会社のパイオニアとして、土木施設や建築物等のリスク評価ならびにリスクマネジメントを中心に、社会資本の効率的な整備に貢献します

会社概要

篠塚 正宣

私たちは我が国におけるリスクエンジニアリング会社のパイオニアとして、土木施設や建築物等のリスク評価ならびにリスクマネジメントを中心に、社会資本の効率的な整備に貢献します。

会社名 株式会社 篠塚研究所
所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-5-1 幸伸ビル新宿3F
TEL:03-5351-3781
FAX:03-5351-3783
Email:sri@shinozukaken.co.jp
アクセス地図
設立 1990年(平成2年)9月1日
設立趣旨 建設事業ならびに建設資産の維持管理における様々なリスクを客観的に評価し、リスクマネジメントの手法を通して、社会資本の整備ならびに民間資本の効率的な管理運用に貢献する。
資本金 1,000万円
登録 一級建築士事務所 東京都知事登録 第57678号
取締役 代表取締役 佐藤 芳久
取締役 濱田 政則
取締役 亀村 勝美
取締役 中村 孝明
業務内容 建築物のリスク評価・マネジメント 建物の地震PML評価
ポートフォリオ地震PML評価
開発型証券化資産の地震PML評価
PMLによる性能設計支援
LCDによる性能設計支援
地震リスク指標による補強対策
生産施設のリスク評価・マネジメント 生産施設の地震リスクマネジメント(SRM)
ポートフォリオS-BCM
災害時の事業継続マネジメント
土木インフラのリスク評価・マネジメント 土木施設の地震リスク評価
ストックマネジメント
財務諸表から見たリスクマネジメント 資産価値向上のためのマネジメント
キャッシュフローのポートフォリオ分析
確率論的直接還元法
受託研究 都市防災に関する研究
劣化推計・管理に関する研究
原子力施設の確率論的安全性評価に関する研究
上に戻る

スタッフ・専門領域

篠塚 正宣 (名誉会長)
篠塚 正宣1930年東京生まれ。京都大学工学部土木工学科修士課程修了後、フルブライト留学生としてコロンビア大学へ。77年同大学栄誉教授。78年米国工学アカデミー会員に選出。88年プリンストン大学土木工学科栄誉教授。90年から92年米国地震工学研究センター所長。93年米国土木学会名誉会員。95年プリンストン大学名誉教授。南カリフォルニア大学土木工学科栄誉教授。01年カリフォルニア大学 アーヴァイン校教授。13年コロンビア大学教授。78年アルフレッド・M・フロイデンタル・メダルをはじめ、米国土木学会の重要な3賞「グランドスラム」を受賞。Ph.D.専門は信頼性工学。

詳細はこちら
佐藤芳久 (代表取締役社長)
佐藤芳久1982年東北大学工学部建築学科卒業。同年大成建設鞄社。2015年10月より篠塚研究所。大成建設鰍ナは、設計本部、建築総本部、技術本部に属し、構造設計プロジェクトリーダー、東北支店設計部長、構造設計第一部長を歴任。鋼構造、鉄筋コンクリート造、複合構造、大断面木造(集成材)、伝統木造、ステンレス構造など、さまざまな構造形式の建築物の耐震設計・構造設計をおこなってきた。構造設計一級建築士、JSCA建築構造士、応急危険度判定士。
濱田 政則 (取締役)
濱田 政則1968年東京大学大学院工学研究科修士課程修了。大成建設鰍経て、東海大学教授、早稲田大学教授を歴任。2014年より、早稲田大学名誉教授、アジア防災センター センター長。土木学会会長(2006年度)、地域安全学会会長(1996〜1998年度)、日本地震工学会会長(2009年度)、日本学術会議会員(2005年度〜)。工学博士、専門は地震防災工学。特に兵庫県南部地震後は、国の防災基本計画の改訂および土木学会の提言のとりまとめを行った。
亀村 勝美 (取締役)
亀村 勝美1974年早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。大成建設(株)に入社後、土木設計部、技術研究所において耐震工学、岩盤工学、トンネル工学に係わる研究開発、実務設計を担当。現在、深田地質研究所。1992-1994年に篠塚研究所技術部長として出向し、地震リスクマネジメント手法の開発、実施を手がける。工学博士。
中村 孝明 (取締役)
中村 孝明1979年工学院大学建築学科卒業。コンサルタントを経て、1990年より篠塚研究所、2009年6月より現職。ポートフォリオ地震リスク評価モデル、構造物の劣化予測モデル、確率論を使ったアセット・マネジメントモデル等を開発。博士(工学)、著書に地震リスクマネジメント(技法堂出版)、アセット・マネジメント(鹿島出版)、その他。専門領域は、信頼性工学、リスクマネジメント。
村角 保行 (顧問)
村角 保行1973年神戸大学大学院工学研究科修士課程終了。同年大成建設鞄社。2009年6月より篠塚研究所。大成建設鰍ナは、設計本部、原子力本部に属し、原子力部技術室長、原子力設計部長を歴任。原子力発電所及び原子力関連施設の耐震設計・構造設計に従事するとともに、プレストレストコンクリート格納容器、鋼板コンクリート構造及び建屋維持管理等に関わる研究開発にたずさわってきた。構造設計一級建築士、コンクリート診断士。
その他の研究員の専門領域 および 主な有資格者数
その他の研究員の専門領域 信頼性工学、地震工学、耐震工学、数値解析、建築構造、建築構造設計、耐震診断、原子カ関連施設、構造実験等
主な有資格者数 P.E. 1名
工学博士 6名(Ph.D 1名を含む)
技術士 1名(建設部門)
一級建築士 6名 (内 4名が 構造設計一級建築士)
宅地建物取引主任 1名
コンクリート診断士 1名
上に戻る