ポートフォリオ地震リスクマネジメントは、分散施設全体の生産量や機能に着目することで、ウィーク施設や脆弱設備を抽出し、機能低下を抑える効果的なマネジメントを行ないます。

ポートフォリオ S-BCM

ポートフォリオ S-BCM企業の生産施設、オフィス、物流拠点などは広域に分散しています。このため、同時に地震被害を受ける可能性は低く、一方が被害を受けても他方でこれを補完することができます。
このため、リスクマネジメントでは、施設の広域的な分散性を機能面で捉えることが重要になります。
ポートフォリオ地震リスクマネジメントは、分散施設全体の生産量や機能に着目することで、ウィーク施設や脆弱設備を抽出し、機能低下を抑える効果的なマネジメントを行ないます。

ポートフォリオS−BCM

篠塚研究所は、生産量の低下やサービスの停止期間を定量的に捉え、事前・事後を含め、費用対効果の優れた対策を立案します。

上に戻る

ポートフォリオS−BCMとは?

広域に散在する生産施設、オフィス、物流拠点は、同時に地震被害を受ける可能性は低く、一方が被害を受けても、他方でこれを補完することができます。つまり、施設の広域的な分散配置をネットワークシステムとして捉える必要があります。ポートフォリオS−BCMでは、対象施設全体の物流に着目することで、ウィークリンクとなる施設や脆弱な設備を抽出し、機能低下を抑える効果的なマネジメントを行います。

上に戻る

特徴

上に戻る

利用方法

上に戻る

生産・配送ルートのネットワーク


上に戻る

出荷余力を考慮したリカバリー曲線

上に戻る

PDF資料

pdfアイコン PDF資料 「ポートフォリオS−BCM」

上に戻る

受注実績

受注実績を表示する

上に戻る