篠塚研究所が提供する地震リスクマネジメント(SRM)は、ライフサイクルに着目し、ハード、ソフト両面から、費用対効果の優れた対策を立案します

生産施設の地震リスクマネジメント(SRM)

SRM 生産施設の地震リスクマネジメント耐震対策は、補強や免震化などのハード的な対策と、保険や積立、デリバティブなどのソフト的な対策とに分類できます。
効果的な地震対策は、施設の用途や脆弱性を考慮した上で、それぞれの対策の良いところを組み合わせることが重要です。

弊社が提供する地震リスクマネジメント(SRM)は、ライフサイクルに着目することで、ハード、ソフト両面から、費用対効果の優れた対策を立案します。


地震リスク評価の特徴

上に戻る

地震リスクの利用方法

  1. 地震リスクという観点から施設全体の耐震性能を把握し、効率的な防災対策の選定ができます。
  2. 地震リスクの内訳が明らかになり、耐震性能の低い設備機器を抽出します 。
  3. 生産プロセスの脆弱性を把握し、補強やバックアップ機能の有効性を示します。
  4. 取引先や顧客、投資家や地域住民に対し、防災への取り組みを説明するための資料に利用できます。
  5. 財務への影響分析を行うことで、効果的な資金調達スキーム構築に利用できます。
上に戻る

主な入出力項目

上に戻る

防火対策を実施した場合のリスク低減効果例

上に戻る

リスク評価に必要な情報

基本情報 施設配置図、建設年代、施設構成、生産工程、消火設備のシステム構成、価値情報
詳細情報 製造装置や建屋等の設計図書、地盤情報、現地調査、設備の再調達期間、売上高など
  • 地震リスク評価は基本情報だけでもできます。ただし評価精度は低くなります。
  • 現地調査は設計図書からは得られない建屋、各種製造装置の保守状況や老朽化、オペレーションの状況、施設の配置状況等を評価に反映させるために行うものです。
上に戻る

PDF資料

pdfアイコン PDF資料「生産施設の地震リスク評価」

受注実績

受注実績を表示する

上に戻る